アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

遺産を考える

相続税とは、亡くなった人から財産を相続した場合や、遺言により財産を取得した場合に生じるものです。
相続税は、相続が開始される日の翌日から10ヶ月以内に所定の書類を提出し、納付しなければなりません。
提出する場所は、被相続人の住所となる所轄税務署です。そこへ規定の書類を提出して納付します。

お金に替えて計算できるものは全て対象となり、有価証券や不動産、自動車なども含まれます。
非課税となるのは、香典生命保険などや死亡退職金などです。仕事の時に死亡した場合の弔慰金業務外の際に支給されたものも対象です。また、弔慰金国、地方団体、公益法人などに寄付したものも非課税の対象です。
税金控除には6つの種類があります。配偶者控除、未成年者控除、贈与税額控除、障害者控除、相次相続控除、外国勢額控除の6つが税金控除となります。

平成27年以降は、相続税の基礎控除額が引き下げられます。これまでは、富裕層が相続税の問題を抱えがちでした。
平成27年以降の基礎控除額の改定後は、富裕層以外の人にも、相続の問題が発生すると予想されています。
普通のサラリーマンでも、退職金やマンションなどを所有していると相続税の申告が必要となる場合があります。そのため、事前に相続対策をしておく必要があります。
それには弁護士や税理士に相談するのが一番です。相続財産は、不動産などでは通常の自家よりも低く計算されることも多いので、損をしないためにも弁護士や税理士などの専門知識を持つ人の力を借りましょう。
生前から相続財産の贈与を検討する場合は、「配偶者への居住用財産の贈与の特例」や「相続時精算課税制度」といったものを利用すれば有利に運びます。
そうした専門的な特例や制度に関しても、素人では難しい部分もあるので、弁護士や税理士に相談する方が有利です。

自分が死んだ後に、家族に迷惑を掛けないためには生前に、遺言状を書いておくことがオススメです。
遺言状を書いておけば、自分の意思を貫き通し不平な財産分与をせずに済みます。
残された遺産を巡って、仲の良かった兄弟が仲違いし骨肉の争いに発展することはよくあることです。
そうした悲劇を招かないためにも、遺産をどう使って欲しいか自分の意思をはっきりとさせておきましょう。

Other Site

税理士になりたい方のための求人サイトを紹介:税理士の転職・求人情報お役立ちナビ

相続税の計算ができるアプリはこちら|スマート相続

横浜で相続のご相談をするなら実績のあるこちらへ|ことぶき法律事務所

相続税について京都で相談するならこちらがオススメですよ|京都相続支援センター
相続に関するお悩みは相続専門税理士に解決してもらいましょう|税理士法人プラス