弁護士の書斎

    トラブルの解決の方法

    そんな時に頼りになるのが、弁護士や税理士です。悲しいことに、相続により骨肉の相続争いが生じるケースも少なくない...

    Readmore
    弁護士

    相続税の仕組みが変わる

    親や祖父母といった家族を失った後、多くの人が直面するのが相続税の手続きです。「我が家は財産もないし、関係ない」...

    Readmore
    まだ若い弁護士

    専門家に依頼するのがベスト

    人生の終焉は「死」です。亡くなった後に、残された遺族に財産をどのように残して、どのように分割して、遺族の今後の...

    Readmore

トラブルの解決の方法

弁護士の書斎

そんな時に頼りになるのが、弁護士や税理士です。
悲しいことに、相続により骨肉の相続争いが生じるケースも少なくないのです。
遺産相続のトラブルはお金持ち特有のもので自分には関係ないと思っている人は要注意です。
2015年1月に相続税改正が施行されます。
この相続税改正法により、相続税の対象者が1.5倍にも増える事になります。
大増税されるのです。
これまで無縁だった人も人ごとではなくなります。
この改正法が施行されれば、今まで以上にトラブルが増えることが予想されます。
ドラマ以上にドロドロとした現実が待っていることもあります。
一度争いが生じると修復、解決は非常に難しくなります。
肉親同士の争いとなれば尚更です。
そんな相続に関してのトラブルの解決のお手伝いしてくれるのが、弁護士や税理士なのです。
出来れば、トラブルが生じる前に税理士に相続の相談をし、もしトラブルがおきてしまった場合に弁護士に相談する方法が理想です。

相続税について

弁護士の象徴

亡くなった方の財産を相続により取得したときや、遺言によって財産を取得した場合に生じる税金が相続税です。
相続税は相続開始日の翌日から10ヶ月以内に、被相続人の住所となる所轄税務署に書類を提出して納付しなければなりません。
基本的にお金に換えて計算できるもの全てが対象となります。
つまり預貯金や有価証券、不動産、自家用車などの動産まで含まれます。
それではどのようなものが非課税となるのか挙げてみます。
墓地・墓石・仏壇・仏具・香典生命保険の「500万円×法定相続人の数」死亡退職金の「500万円×法定相続人の数」業務上の死亡により支給された弔慰金業務外の死亡により支給された弔慰金国・地方団体・公益法人に寄付したお金などが非課税対象となります。
次に、税金控除される場合もあります。
税金控除には6種類あります。
配偶者控除、未成年控除、贈与税額控除、障害者控除、相次相続控除、外国税額控除です。
当てはまるもの全て適用を受けることができます。

事前の相続対策を検討する

弁護士の部屋

平成27年以降、相続税の基礎控除等が引き下げられることから、これまでの富裕層以外の者にも、相続の問題が発生することが予想されています。
通常のサラリーマンであっても、退職金や都内に住宅等を保有していることで、相続税の申告が必要となる場合があります。
そのため、事前の相続対策を検討する必要があります。
不動産などの相続財産の評価は、通常の時価より低く計算されますので、生前に借入金などでアパートなどを取得しておくことも検討する必要があります。
また、「配偶者への居住用財産の贈与の特例」や「相続時精算課税制度」などを利用して、生前から相続財産の贈与を検討する必要があります。
また、同族会社の経営者には、取引相場のない同族株式の相続の問題が発生しますので、事前に同族会社の株価を引き下げるための検討を行う必要があります。
相続税の申告後、納付すべき税金については、一括での納付が困難な場合、分割での納付や相続財産の物納を検討する必要があります。
そのためにも、生前から弁護士や税理士などへの相談が重要となってきます。